プロジェクトトップイメージ

その他のプロジェクト

AOMORI GOKAN アートフェス2024「つらなりのはらっぱ」メイン企画

エンジョイ!アートファーム!!

2024年4月13日(土)~2024年9月1日(日)

プロジェクト
参加アーティスト|(左から)磯島未来、東方悠平、漆畑幸男、しばやまいぬ、蜂屋雄士

八戸を拠点に活動する5人のアーティストが、美術館を象徴する「ジャイアントルーム」で、美術館のコンセプト「出会いと学びのアートファーム」を体現するプロジェクトを展開します。
アーティスト、そして訪れる人たちによってさまざまな活動が育まれていくジャイアントルームは、関わる人によって変化し続ける「はらっぱ」であり、活動の種が成長していく「ファーム」でもあります。
この場所で繰り広げられる、絵画や版画、写真、ダンスなど、多様なジャンルの作品や、アーティストとの出会いと学びをお楽しみください。

◾️開催概要

会期|2024年4月13日(土)~9月1日(日)
会場|ジャイアントルーム
開館時間|10:00~19:00
休館日|火曜日、6月26日(水) ※4月30日(火)、8月13日(火)は開館
観覧料|無料

参加アーティスト|磯島未来、漆畑幸男、しばやまいぬ、蜂屋雄士、東方悠平

主催|八戸市美術館
アートディレクション|野間真吾
会場構成│佐藤慎也
担当学芸員│平井真里、大澤苑美、高橋麻衣

◾️プロジェクト詳細

【あなたからダンスを紡ぐ】 磯島未来(振付家・ダンサー)

ジャイアントルームを訪れた人たちから、これまでに経験した出来事や、生きる上で大事にしていることなどを磯島が聞きとり、その話をもとに、その人らしさが凝縮したダンスの振付をその場で考案します。その振付は、磯島か参加者自身が踊り、映像にして公開します。

日にち|4月13日(土)、21日(日)、5月19日(日)、6月9日(日)、22日(土)、7月7日(日)、27日(土)、8月25日(日)
時 間|①10:30〜12:30 ②14:30〜16:30
申 込|磯島未来さんに「あなただけのダンス」の振付をつくってほしい人は、希望日の1週間前までにお申込ください(電話かメール)。空きがあればその後も受け付けます。参加費は無料です。
観覧|観覧は申込不要。

ミニパフォーマンス|8月4日(日)
場所|スタジオ ※詳細は随時更新予定です

プロフィール|磯島未来(ダンサー・振付家)
八戸市出身。幼少よりモダンダンスを習う。「黒沢美香&ダンサーズ」「ピンク」メンバーとして国内外で踊り、個人では全国舞踊コンクール上位入賞。2年間ベルリンに滞在後、自身が構成・演出を担う「未来.Co」を立ち上げて作品を上演、美術家・音楽家などとも共同作業を展開するほか、子どもから大人までダンス経験を問わないワークショップも行う。


磯島未来《スタディ;わたしたちを読む》2014年

【幸福の絵描き】 漆畑幸男(画家)

作品の展示とあわせて、漆畑が訪れる人たちとともに大きな1 枚の絵を制作します。また、来館者から集めた展示作品についての「解説」をもとに、参加型の「画集」を制作するプロジェクトも展開します。

プロフィール|漆畑幸男(画家)
1948年十和田市出身、八戸市在住。馬小屋のある旧家で馬や牛とともに暮らす幼少時代を経て、北里大学畜産学部獣医学科へ進学。青森県職員の獣医師として、家畜保健衛生所などに勤務する。35歳より絵画制作を開始し、幼少期から親しんだ馬や牛をモチーフとした、物語性のある具象画を描く。


漆畑幸男《幸福の歌》2014年

【くにゅぎの森3D】 しばやまいぬ(少女板画作家・イラストレーター)

しばやまいぬの創作世界から不思議な森が出現。森には木版画によって生まれた虫が住み着き、虫捕りを楽しむことができます。また、訪れる人々が思い描いた新種の虫が図鑑に記録され、新たな生態系が生まれ、人々とアーティストが共に森を育てていきます。

プロフィール|しばやまいぬ(少女板画作家・イラストレーター)
八戸市出身、在住。幻想的な世界観で、女子高生を主題とした木板画を創作。大学時代からイラストレーターを志し、型にはまらない表現の道を模索。10年前から「死ぬまで女子高生の絵を描き続けたい」と思うようになり、棟方志功や坂本小九郎監修の教育板画「虹の上をとぶ船」に感動し、独学で木板画の創作を開始。


しばやまいぬ《疾風少女2》2018

【自由の像、不自由なバナナ】 東方悠平(アーティスト)

ベトナムに長期滞在するなど、東南アジアとの関わりが深い東方は、ベトナムで見つけた野生のバナナを手がかりに、訪れる人たちと、「自由」について語り合ったり、表現したりしながら、ジャイアントルームに現代版の「自由の女神」を建設します。

プロフィール|東方悠平(アーティスト)
1982年札幌市出身、八戸市在住。芸術実践における「遊び」を手がかりに、立体作品やインスタレーション、参加型のプロジェクトやワークショップなどを行う。八戸市にフィリピンなどからアーティストを招へいしてアーティスト・イン・レジデンスを行うAIR-Hを主宰して、アートと地域との関わり方を探っている。


東方悠平《TENGUBUCKS Cafe in Hue – Coffee Float》2019年

【はちや写真家 家族と写真のプロジェクト】 蜂屋雄士(写真家)

「家族写真」を得意とする蜂屋が、出産、進学、結婚、旅行、葬式など、参加者とともに「家族」と「写真」をめぐるトピックスについて深めるラーニングプログラムやワークショップを実施し、参加者と蜂屋が撮影した家族写真を展示します。

プロフィール|蜂屋雄士(写真家)
1981年仙台市出身、八戸市在住。ウェブデザイナーや写真館勤務などを経て、フリーランスのフォトグラファーに転身。地元の八戸を中心にフイルムで人々の写真を残す「はちや写真館」を開催。「南郷アートプロジェクト」など市内のアートプロジェクトなどの記録撮影にも携わる。


蜂屋雄士《大須賀海岸と》2023年

◾️関連企画(イベント)

【エンジョイ!パフォーマンスピクニック】  構成・演出 居間 theater
パフォーマンスプロジェクト「居間 theater」が〝ピクニック〟をテーマにした体験型の作品を展開します。美術館で過ごしながらアートに出会える1日限りのイベントです。

日時|5月6 日(月・祝) 10:00 ~ 17:00
場所|ジャイアントルーム
構成・演出|居間 theater

プロフィール|居間 theater(パフォーマンスプロジェクト)
2013年から東京谷中にある最小文化複合施設「HAGISO」を拠点に活動をスタート。音楽家や美術家、建築家、空想地図作家、研究者など分野の異なる専門家との共同制作のほか、カフェ、ホテル、区役所、待合室など、既存の “場” とそこにある “ふるまい” をもとに作品創作をおこなう。八戸市美術館では2022年6月に「ジャイアント食堂」を開催し、2度目の登場。


居間 theater《パフォーマンスカフェ》2023年

◾️共通企画

【栗林隆《元気炉》】
5館巡回作品として、本アートフェス後半の8月から、栗林隆による《元気炉》が八戸へ巡回します。

日時|8月18日(日)、19日(月)、21日(水)
場所|八戸市美術館 マエニワ


栗林隆 《元気炉》2022年 (《蚊帳の外》ドクメンタ15、ドイツ・カッセル)より Photo:Rai Shizuno

参加アーティスト|(左から)磯島未来、東方悠平、漆畑幸男、しばやまいぬ、蜂屋雄士

プログラム情報