シンボルマーク
学校連携トップイメージ

学校連携

児童・生徒の個々の価値観や美意識を醸成して、一人ひとりがアートを通して自ら答えをつくり出していく力を育むことを目指すために、八戸市内の小学校・中学校・高等学校の教員と美術館学芸員、専門家により「学校連携プロジェクトチーム」を結成しました。チームメンバーが自由に訪れることのできる「ラボ」を美術館内に設け、情報交換を行うとともに、全国の美術教育の事例などの研究や、教育現場で活用できる美術教育のためのプログラムやツールの開発・実践を行います。

特徴的な活動を行っている市内の大学・高等専門学校が持つ専門性と、美術館の専門性を活用して、アートが有する力を芸術分野のみならず異業種や異分野と融合させ、新しい価値の創出や自立的で創造的な地域活動への発展につながる取組を推進します。
また、社会人や学生が美術館での学びを社会で実践できるように、美術館との連携プログラムなどを通して多様な人々との交流機会を提供します。

大学・高等専門学校との連携事業の活動例をご紹介します。

学校向けプログラム

学校で活用できる各種プログラムを現在準備中です。

美術館を活用した授業実施例

これまでに実施された八戸市美術館を活用した授業例です。

美術館を活用した授業実施例の投稿はありません。

美術館見学や活用の申込

学校からの見学を希望される場合は、こちらからお申し込みください。

学校教育の現場が大きく変わりつつあるなかで、アートの学びを重視する美術館として、小学校・中学校・高等学校や、大学・高等専門学校などの教育機関との連携強化を図ります。
小学校・中学校・高等学校との連携では、子どもたちの力を伸ばして自ら新しい価値をつくり出せる人を育むために、美術館から学校へと広がっていくプログラムを行います。また、各校種の教員、美術館の学芸員、専門家による「学校連携プロジェクトチーム」をつくり、プロジェクトを展開していきます。大学・高等専門学校との連携では、特徴的な活動を行っている市内の大学・高等専門学校と美術館が持つ専門性を、経済や福祉、まちづくりなど他業種や他分野に融合させるプログラムを行います。