シンボルマーク
展覧会トップイメージ

展覧会

美術館企画

八戸市美術館開館記念

ギフト、ギフト、

会期2021年11月3日(水)~2022年2月20日(日)

展覧会

八戸市美術館は、「種を蒔き、人を育み、100年後の八戸を創造する美術館〜出会いと学びのアートファーム〜」をテーマに、2021年11月3日 (水・祝)に生まれ変わって開館します。

開館記念では、八戸を代表する祭りである「八戸三社大祭」を出発点に、10組のアーティストと1つのコレクションを迎え、アートを通して“ギフト”の精神を見つめる展覧会とプロジェクトを開催します。

300年の歴史を誇る八戸三社大祭は、祈願成就の感謝を込めて行った神輿行列が始まりです。明治時代に、地域の人々の手で毎年つくり替えられる「風流山車」が加わったことによって、創造活動を介したコミュニティが生まれ、現在でも人々の支えあいが育まれています。過去から未来へ、人から人へと巡る“贈与=ギフト”は、これまでの社会で求められてきた価値とは異なる豊かさを、これからの社会に生み出すヒントとなるでしょう。

本企画では、“ギフト”を道標に、地域のリサーチから着想を得た新作や浮世絵などの多彩な作品展示、作品や地域への学びを深めるプロジェクトが全館で展開されます。そこで出会うローカルかつ普遍的な“ギフト”の精神を、「100年後の八戸を創造する」ための種として見出し、あらゆる人たちと共に育んでいくことで、新たな美術館は第一歩を踏み出します。

アーティスト・コレクション(五十音順)
浅田政志、江頭誠、大澤未来、大西幹夫、KOSUGE1-16、田附勝、田村友一郎、西澤徹夫・浅子佳英・森純平、八戸クリニック街かどミュージアム浮世絵コレクション、桝本佳子、向井山朋子

ディレクター
吉川由美(アートプロデューサー、八戸市新美術館運営検討委員会委員、八戸市新美術館建設工事設計者選定プロポーザル審査委員会委員)

会場構成
西澤徹夫、浅子佳英、森純平(八戸市美術館設計者)

 

展覧会概要

会期|2021年11月3日(水・祝)〜2022年2月20日(日)

開館時間|10:00~19:00[入場は18:30まで]

休館日|火曜日[祝日の場合はその翌日]、12月31日、1月1日

観覧料|一般1,300円(1,100円)/高校生・大学生700円(500円)/小・中学生200円(100円)
※( )内は20名以上の団体料金
※未就学児、八戸市内および近隣町村(三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村、おいらせ町)の小・中学生は無料 ※市内の65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方とその付添者1名は半額

※向井山朋子の作品については、11月14日実施のパフォーマンスを収録した映像を12月末(予定)より展示を行います。
※八戸クリニック街かどミュージアム浮世絵コレクションは、前期(11/3〜12/20)と後期(12/22〜2/20)で展示替えを行います。
※そのほか一部作品の展示替えを予定しています。

 

アートファーマープロジェクト

・かだるアート 浮世絵/山車編
浮世絵文化や山車造形について学び、語り、深めあうプロジェクトです。
期間|2021年11月〜2022年2月(月1回程度)

・種さがしラボ
100年後の八戸を創造するための 「種」を探すアイデアミーティングです。
期間|2021年11月〜2022年2月(月1回程度)

・向井山朋子パフォーマンス「gift」
ピアニストの向井山朋子と共にパフォーマンスを創ります。
期間|2021年10月〜11月

 

主催|八戸市美術館

協賛|南部電機株式会社

協力|一般財団法人VISITはちのへ、八戸三社大祭運営委員会、八戸三社大祭山車祭り行事保存会、はちのへ山車振興会

後援|NHK青森放送局、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、めんこいテレビ、八戸テレビ、デーリー東北新聞社、東奥日報社、エフエム青森、コミュニティラジオ局BeFM

大西幹夫《八戸三社大祭絵巻 9 風流山車の登場》2021年
浅田政志《着付絵巻》2021年
桝本佳子《Blue Birds / Blue Ceramics》2021年
田附勝《漁火慕情、ドライバー 下田幸悦/青森県八戸市、八戸市・ 館鼻漁港、2020 年 11 月》2021年
歌川国芳《坂田怪童丸》天保7(1836)年頃 八戸クリニック街かどミュージアム蔵(後期展示)
大西幹夫《八戸三社大祭絵巻 9 風流山車の登場》2021年
浅田政志《着付絵巻》2021年
桝本佳子《Blue Birds / Blue Ceramics》2021年
田附勝《漁火慕情、ドライバー 下田幸悦/青森県八戸市、八戸市・ 館鼻漁港、2020 年 11 月》2021年
歌川国芳《坂田怪童丸》天保7(1836)年頃 八戸クリニック街かどミュージアム蔵(後期展示)

プログラム情報