シンボルマーク
アートファーマートップイメージ

アートファーマー

開館記念「ギフト、ギフト、」アートファーマープロジェクト

かだるアート 浮世絵編

会期2021年12月19日(日)~

プロジェクト アートファーマー

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、2月13日(日)の第3回講座は延期いたします。詳細が決定次第、お知らせいたします。

八戸市美術館開館記念「ギフト、ギフト、」に関連して、学び、語り、自分なりの展覧会をつくるプロジェクト「かだるアート」をはじめます!

今回は、美術館とともに企画から活動までをつくりだす共創パートナーに「八戸クリニック街かどミュージアム」の小倉学館長兼学芸員を迎え、出展作品の浮世絵コレクションを出発点に、浮世絵文化などについて、参加者とともに学び、語り、深めあうプロジェクトを開催します。 講座やワークショップに参加し(南部弁で「かだる」)、 作品や文化について一緒に語りながら、浮世絵をテーマ にした自分なりの展覧会を考えてみませんか?

開催日時
2021年12月19日(日)、2022年1月16 日(日)、2月13日(日)、3月13日(日)  各回14:00-17:00

内容
第1回 建築と浮世絵をかだる。
建築ツアーガイドのアートファーマーと一緒に館内を巡ります。
また、前期出展作品の浮世絵について小倉学芸員が語るとともに、参加者のみなさんと出展作品の浮世絵をもとに展覧会をつくるワークショップを行います。

第2回 展覧会をかだる。
展覧会について学芸員が語るとともに、それぞれが感じたことを語り合います。また、浮世絵だけでなく、他の出展作品も交えながら展覧会をつくるワークショップを行います。

第3回 山車と浮世絵をかだる。
山車制作者をお招きし、山車のこだわりや浮世絵とのつながりを語っていただきます。また、後期出展作品の浮世絵について小倉学芸員が語るとともに、第4回の発表に向けて、自分なりの展覧会を考えてみます。

第4回 自分の展覧会をかだる。
自分が考えた展覧会についてそれぞれが語り、互いの発表について感じたことを語り合います。

定員|10 人(先着順)

参加料|無料

対象|高校生以上

参加条件全ての日程に参加できる方

→各回のみでもご参加いただけます。

申込方法
電話 0178-45-8338(8:15~17:00)
メール art@city.hachinohe.aomori.jp
※氏名・住所・電話番号、人数をお伝えください。

申込締切12月17 日(金) 空きがあるため追加募集しています。

共創パートナー
八戸クリニック街かどミュージアム 館長兼学芸員 小倉 学

1977 年生まれ。高校卒業まで八戸に住む。上京し経営学を専攻した後、日本・東洋絵画史などを学ぶ。2011 年八戸に戻り翌年より館長小倉秀彦(当時)と共にミュージアム開館。伝統木画及び吉田初三郎の研究を行うと共に、展覧会の実施、県内外の企画展への協力、公民館や学校などでの普及活動も行っている。